通販で禁煙・ED改善
ED治療薬の通販
チャンピックスの通販

EDの症状・原因

EDの症状・原因

男性であれば起こり得る身近な存在。それがEDです。勃起不全とも呼ばれるように、性行為の時に勃起したいけど思うようにいかない、勃起は出来るけど挿入してすぐ柔らかくなってしまう、勃起するまでに時間がかなりかかるなど症状は様々です。早い話、セックスを行うことが困難である場合、EDであると言えます。ペニスの硬度が足りずに挿入の際に問題が出来てしまうためです。

高年齢になればなるほどもちろん体の衰えと共にEDになりやすくもなりますがペニスが元気な方ももちろんいます。最近では高齢化に伴いかなりお年を召した人でも熟年婚などと老後の未来も明るいものなのです。逆に若い人の中でもEDになってしまうなど一概に年齢が関係しているとは言えません。ではなぜEDになってしまう人とそうでない人がいるのでしょうか?

EDの原因は血液の流れが大きい

EDの原因は血液の流れが大きい

EDは根本的には血液の流れが関係してきます。ペニスに血液が送り込まれることで海綿体へ充満し、硬く太くなります。そして女性の膣の挿入に適した状態へとなるのです。血液が送り込まれると、勃起に関わる物質の分泌や機能が働くのですが、その一つにサイクリックGMPという物質があり、この物質が働くことで血管が拡がりペニスへ血液が送り込まれ勃起に繋がるのです。

そして勃起を鎮める為にPDE5という酵素が働き、サイクリックGMPを壊して勃起を終了させ通常の状態へと戻るのです。ですがEDの場合何らかが原因でこのサイクリックGMPが減少してしまい、血液を流せない為勃起に至れなくなります。その治療として必要なのが、PDE5を阻害しサイクリックGMPの増加につなげるのがED治療薬というわけです。

機能性EDと器質性ED

EDには大きく分けると2つのタイプがあります。一つ目が機能性ED、もう一つが器質性EDです。EDは血液の流れが悪くなると発症してしまうと先程お伝えしました。どちらの原因でもそれに至ってしまうわけなのですが、心と体のどちらに異常が起きてもEDを罹患してしまうのです。

機能性EDについて

機能性EDについて

機能性EDとは特に若い世代に多く、心因的要素が原因で症状が出てしまうことを指します。EDの悩み相談ではこの種類のEDが一番多いのです。男性の性器が大きく硬くなる為には血液を性器に送り込まなければいけないのですが、そのためにはまず脳から信号を送らなければいけません。脳で性的な感情や性的な刺激を感知し、そして勃起するための信号を送るのですがこの刺激や感情をキャッチできなかったり、信号を送る段階で問題が出てきた場合勃起には繋がりません。

現代はストレス社会で狭い世間の中毎日を過ごさなければいけません。人それぞれもちろん悩みは違いますが、社会的なストレスや対人関係、家庭内の問題など知らない間にストレスになってしまっているのです。機能性EDの中でも最近多いのが性行為の相手からの心無い一言によるものです。少し起ちが悪かったり途中で元気がなくなってしまった時に文句を言われてしまうと次回も同じようになるかさらに悪化してしまうことが多いのです。男性は意外にも繊細な心の持ち主で心=体となって症状が出てしまうのです。

器質性EDについて

器質性EDについて

器質性EDとは体のどこかに原因があり物理的なことでEDになってしまう症状のことを指します。年齢を重ねることでEDになる場合も含まれます。その他に糖尿病や、高血圧症、高脂血症などこれらが起因する動脈の硬化などがEDになりやすいと考えられています。勃起にはたくさんの血液が必要なので血液の循環が悪くなる病気などはEDになりやすいのです。

他にも手術などで血管障害になってしまったり、事故による神経の障害、喫煙による血液の流れが悪くなる、薬剤の副作用でEDになるなど様々な原因があるのです。加齢によるEDでは年齢が増すごとに皮膚などと同様血管にも弾力がなくなってきます。弾力がなくなってしまうと思うように広がらない為、十分な血液の量を送り込むことが難しくなるのです。血管年齢というものがあるように=(イコール)勃起も十分にできなくなってしまいます。

ED治療薬だけではなく、生活も見直すのが必要

EDを罹患した場合にはED治療薬を使い血液を送り込みやすくさせることで改善出来るのですが、根本的な問題は解決できているわけではないのです。あくまでもED治療薬は勃起を促してくれる働きを持っているにすぎません。喫煙者や生活態度に問題がある場合は根本的な事も治療薬と同時に改善していきましょう。食生活や運動不足などもEDを引き起こすことになるでしょう。自身を見直し、少しずつ改善していって下さい。